ROSY CAFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちょっとした会話

娘を連れて公園へ行ってきました。この暑さの中、外で遊ぶには
気合い200パーセントぐらいないと熱中症になってしまいそうですが、
私たちがよく行く公園は新東名の道路の下にあり、風通しがよく
道路のおかげで真下は陰になっていて、そこに遊具があるので
子供はほぼ一日その場所なら遊べるのです。

滑り台で遊んでいたら同い年くらいの男の子がそばにいたので
娘はその男の子とずっと遊んでいました。おじいちゃんと公園に
来ていて、おじいちゃんがお世話を慣れた感じでしていました。

おじいちゃんと遊ぶ娘達を見ながら、いろいろな会話をしました。
最初はどこの幼稚園に行ってるかなど普通の会話だったのですが、
子育ての会話から「信頼していることが大事」とか
「考えすぎないで行動を」「人に言われたことをやるのは
労働になるけど、自分で考えて行うことは仕事になる。」とか、
私の心にストレートで響く言葉を頂きました。

ご自身でジーパンや江戸時代の布を合わせてバッグを作ったとおっしゃって
手縫いには見えないとても素敵なバッグを肩からかけていました。
図書館で借りた本から型紙をとり作られたとのこと。
ストラップや数珠に似たブレスレットのような物も作られているとのことで
ただただすごいなと思うばかり。他にもいろいろな趣味があるとのことで
「楽しくてやっていれば上手いとか下手とか関係ないよ~。」と
サラッとおっしゃっていました。

午前中のちょっとした出会い、そしてちょっとした会話でしたが、
今日一日とても楽しく過ごせました。



スポンサーサイト

PageTop

神様のいる場所へ その3

トトロトラベルのツアーも最終日を迎え、まずは伊勢神宮の外宮へ。
20年前に伊勢神宮へ訪れている私。しかし、外宮へ行ったのか、内宮へ
行ったのかもはっきり覚えていない状態でひたすら歩いていたという
記憶しか当時のことを覚えていませんトホホって感じですが。

聖地中の聖地と呼ばれているだけに空気感が違う・・・と
感じました。外宮は衣食住、産業の守り神の豊受大神
(とようけのおおおみかみ)をご祭神としています。
内宮は皇室の祖先神で日本の総氏神でもある天照大神
(あまてらすおおみかみ)をご祭神としています。
同じ伊勢神宮でも、外宮は歩いていて虹色の雰囲気を、内宮は黄金色の
道をずっと歩いていく・・・そんな印象を私は受けました。
地上でこんな印象を受けるのですから、天界はもっとすごいのでしょうね。

江戸時代にお伊勢参りが盛んになったとのことですが、昔の人たちは
車も自転車も何もないときにひたすら歩いてこちらに来たその思いは
今以上に格別の思いを胸に秘めていたのではないかと思います。

蝉がひたすら鳴いているこの暑い8月に参拝する人はあまりいないかなと
思っていたのですが、いえいえ、老若男女問わずたくさんの方々が
参拝されていました。私はホッとしたというか、このような世の中になり
なおさら見えないものに対する思いは(特に若い方など)以前に比べると
広がっているのではないかな~と思いました。

トトロトラベルの社長さん(娘です)とドライバーさん(旦那さんです)も
一緒に歩いて外宮と内宮を参拝しました。本当に感謝
大人でさえも長く感じる距離を歩いた3歳の娘。最後の方はさすがに
暑さと疲れでかなり体力を消耗していたので、内宮を出てすぐさま
お店にかけこみアイスクリームをいただきました。
私たちは赤福のかき氷を食べました。かき氷(抹茶味)の中に赤福が入っていて
ほてった体が一気にひんやりとしました。

伊勢神宮をあとに帰りはひたすら高速道路を走って無事帰宅しました。
途中、愛知の刈谷PAに立ち寄りびっくり
ここは遊園地やリフレッシュできる温泉施設などもあり一日中ここにいても
満足できるような場所なんですね。(私があまりに無知すぎるのか?)

旅の思い出としてフィッシュテラピーを行いました。
古い角質をついばみ肌をきれいにしてくれるドクターフィッシュと
いう魚を使います。ドイツでは皮膚疾患治療の医療カリキュラムに導入されて
いるとのこと。足を水にいれた瞬間、サーッを魚たちが足に集まりひたすら
「つんつんされます。」魚をよく見ると、口を動かして食べてくれています。
二分くらいはあまりにくすぐったくて、10分も無理かも・・・って
思っていましたが3分ぐらい過ぎたあたりから慣れてきました。最後は出るのが
少々名残惜しくなりました。

というわけであっという間のツアーでしたが、きれいな聖地や由緒ある神社を訪れて
心身共に清められました。またいつか訪れたいと思う場所ばかり。
明らかに聖なる雰囲気が漂う場所は、何回訪れてもいいものですね。
五感をフルに生かしたこの旅を終えて、今の自分により愛を向けることが
できました。そして全てに感謝するばかりです。

大いなる宇宙よ、ありがとう!!

k1_20120819011837.jpg


PageTop

神様のいる場所へ その2

天河神社から宿泊していた場所の近くに戻った途中に水墨画の
Tシャツなどを飾ってあるお店を見つけました。(村立資料館の向かい
にあるお店でした)
そこで水墨画を描いている井上さんという方といろいろ
お話をしました。普段は吉野の方に住んでいらっしゃるとのこと、
夏の間だけ天川村にいらしていること、お父様に弟子入りして
水墨画を描いていたことや今までの作品なども見せていただきながら
1時間位いたでしょうか、人間味溢れる井上さんのお話を聞いて
すがすがしい気分になれました。

ちょうどお昼過ぎくらいになり、そこから三重県伊勢市へ向かうことに。
伊勢に着いたのが夕方になりました。隣の県への移動といってもかなり
の移動距離でした。すべてトトロトラベルのドライバーさんのおかげです。

宿泊した場所から歩いて10分ほどのところに有名な夫婦岩(めおといわ)がありました。
夕日に照らされて、とてもあたたか味を感じました。
08034.jpg

また夫婦岩へいく途中に通りかかった場所が賓日館(ひんじつかん)という場所。
海の目の前にありながらも、あまりにも重厚でその並々ならぬ
雰囲気から、ここは一体どういう建物なんだろうと思い宿泊先の方に
早速帰ってから聞きました。
明治21年に建てられた建物で昭和天皇も来られたとのこと。
民間に払い下げられた後、町に寄贈されたそうです。
とてもきれいに管理されていて、入りたかったのですが時間がなくて、残念。
明治20年の12月から翌年の2月半ばで完成させるなんて、当時のことを
考えれば重機もなく、道路も舗装されていない中、この建物を建設させた
方々の並々ならぬ思いというか気迫が建物を通して伝わってきました。
すごいなと思ったのと同時に今の時代に同じことができるかと言ったら
難しいのではないかと思います。海のほぼ真正面に建っていて、こういう
建物はいつまでも残していくべきだなとしみじみ思ったのでした。
見づらい写真でごめんなさい。ホームページの写真の方がよくわかります
08033.jpg

PageTop

神様のいる場所へ その1

7月30日から関西方面へ行ってきました。
行き先は主に奈良県の天河大辨財天と三重県の伊勢神宮。
トトロトラベルの社長さん(私の娘です)、ドライバーの方(私の
旦那さんです)、本当にありがとう。

最初に訪れた場所は奈良の天川村という場所。
こちらには日本三大辨財天の筆頭とされる
天河大辨財天(てんかわだいべんざいてん)が
あります。音楽や芸能の神様として有名で私がレイキを
学んでいる発芽*レイキアカデミーさんから私はこちらの
ことについて教えてもらい、ぜひ行きたいと思ったのでした。

国道309号をひたすらまっすぐ上っていき、山あいに
ひっそりとたたずんでいる村にこの神社はあります。
着いたときはもう夜だったのですが、朝、目が覚めて
宿泊している場所から景色を眺めていたとき、
空気感、村の様子などから本当に清らかな場所に
来たなと実感しました。
(ちょっと旦那さんの実家のある富士宮市の山あいの
風景と同じ感じです)

宿泊しているところの女将さんから、天川村について
情報をおしえてもらってから天河大辨財天へ行きました。
私が行ったときは、雨が降っていてとても清らかな澄んだ
雰囲気が神社全体に漂っていました。

参拝をしたのですが、澄み切った空気と荘厳な神社の内部に
かなり緊張しました。参拝している時に、自分の心を光で
照らされたような感じがして思わず涙が溢れました。
そして全てを包み込むような、とても優しい慈愛に満ちた
エネルギーをそこから感じました。
多くはありませんが、いろいろな神社に行った中で
こちらの神社は色に例えるならすみれ色。
濃い紫というより、淡い紫。とても清楚で気品が漂う
そんなイメージです。
緊張のあまり写真を撮ることもなく神社をあとに
しましたが、また訪れたい!と思ったのでした。

(その2に続きます)










PageTop

7月29日

7月29日、私が学んでいる国立の発芽レイキ*アカデミーで
レイキティーチャーコースが無事に終了しました。
終了した次の日から関西方面に行っていて、今、帰宅してから
29日のことを思い出したり、自分が生まれてきたことの
意味、また今の自分の気持ち、これからレイキを伝えていくことなどに
ついていろいろなことを感じています。

コースを通して私が今回、学んだことは

「自然体」

この一言につきます。

余計なことを考えすぎたり、周囲と自分を比較してしまったり
そういう気持ちになりすぎていると、本来の自分の輝きが
くすんでしまって、どんどん違う方向へ行ってしまうこと。
そのことを人のせいにしてしまったり、自分に対してもマイナス思考が
続いてしまうので、ただ生きているだけ。なにをやっても
楽しくないし、嬉しくないし、人が楽しんでいるのを傍観して
いるだけのようになってしまう。

過去の自分を振り返ると、そんなことがあったな・・・と思ったり
しますが、それも自分。ということで大きな愛で包み込んでいます。

今、レイキを学んで心の底から幸福な気持ちになれるのも
自然体の自分がいるから。

自然体の自分がいれば、どんな状況下でもまっすぐに
生きていける。いつも楽しく、幸せな気持ちで歩いていける。
ぶれない自分がいれば、まさに怖いものなしですね。

「私の魂の輝きをいろいろな形で発揮させていこう」

今の私の思いです。

こと葉さん、ホトケさん、まゆみさん、かおりさん、また
コースを共にした皆様、本当にありがとうございました。
レイキが導く最善の出会いができて、自分らしい自分を
見つけることができました。ありがとうございました。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。