ROSY CAFE

自分は敏感だと感じるあなたへ

小さいころから虚弱体質のような感じで小学校の朝礼では
必ず気分が悪くなっていました。
中学になり、通学もよりいっそう時間がかかるようになり、
その通学途中でも倒れることは二度いや三度(以上)はあったはず。

とにかく目が覚めて体を動かすまでがひと仕事。
鉛のような重たい体がなかなか始動しないのですよね。
学校から帰宅して夕方6時過ぎ。宿題や予習復習するにも
家だとなんとなく疲れがとれない、集中できない・・・で、
定期テストの勉強は電車の中で必死に勉強していました。

その他、レイキに出会うまで足の痛み、わけのわからない腰痛
エトセトラに見舞われていた私。

レイキに出会い、ほかの方との境界線をかなり意識、、
またレイキヒーリングをしていただくことを通して
ふつーの人の元気なときの感覚が「こういうもの」と
いうことがわかってきました。

人の気をうけやすい私が、今までよくぶれずに生きてきたなと
思う今日この頃。そして昔の私に贈ってあげたいなと
思う本がこちら。

『敏感すぎて困っている自分の対処法』
苑田 純子 (著), 浜松医科大学名誉教授 高田 明和 (監修), 高橋敦(マンガ) きこ書房


『研究者によると、生物の約2割には生存戦略として敏感な気質が
備わっているそうです。その敏感力で、ささいな変化や危険を察知し、
生き延びようとするわけです。


ただし、脳がかすかな情報まで拾い集めるために、情報過多で疲れやすいという
短所もあります。ひどい環境に置かれると、普通の人よりストレスに感じて
しまうため、体を壊し安いのも特徴です。

また、直感力が相当強く、不思議な体験をする人もいるとのこと。
こうした気質の人々はHighly Sensitive Person(ハイリーセンシティブパーソン=
非常に敏感な人々。以下、HSPと省略)と名付けられ、アメリカの
エレイン・N・アーロン博士らによって研究が進められています。』


私も会社のような組織で人間関係が絡み合う場所では
わりとすぐいろいろな人間関係の本音を感じることはありました。
同僚が「あの人はいいね~、すてきだね~」と言っても
私から感じられるのは負のオーラだけだったりとか。
まあいろいろありました。

土日しっかり休んでも、疲れがとれないときの方が多く、
自分では『慢性疲労症候群』と思ったりしたことも。
基本、無理しすぎない程度に活動して
よく眠っていた・・・というのが私の休日よくあるパターンでした。
(そして、私の中でのマグマがたまったときに
どこかへふらっと旅行したり、それはそれで楽しかった思い出!)

上記の本は丁寧に私のようなタイプの人間のことを説明してくださっています!!
あ〜〜〜、この本を読んでなお、よんじゅうウン年もj一生懸命生きてきた
自分がいとおしくなりました。

おなじ仲間のみなさん、無理しすぎない程度で楽しく
人生を過ごしていきましょ


スポンサーサイト

PageTop

晴れの日曜日

今週は初めてのことがいろいろあった。

旗ふりおばちゃんとなり、娘の通学路の
横断歩道に朝から立ち
中学生や小学生の登校を見守ったことや
小学校での本読みデビューなど。

旗ふりは昔より交通量も増え、横断歩道を立っていても
勢いよくビュンビュン走る車も多く
子供たちが安全に通えることを願わずにはいられない。
青だと思って渡っても、車が走ってくる場合もあるから
横断歩道といってものんきに歩けないこのご時世。

ただ、私が初めてだったからなのか、
とりあえずアピール?するように旗を突き出すと
割と車がスムーズにとまってくれました。

聞こえないかもしれませんが、
「ありがとうございます」といい、
ドライバーさんに感謝を送る。
朝、いろいろな思いで通勤している方々が
子供たちのために
協力してくださることに改めて感謝。

本読みはクラスの子供たちと自分が
一体になっているつもりで本を読むように
意識。、
事前に家で娘に何回か聞いてもらったが
6歳の娘から「そこはもっとこうやって読むといい」と
的確な指示を受け、その通りによんだら
確かに子供たちが喜んでいました。

ふっ~~~、今日は思い切りリラックスの日曜日にするぞ。

PS私がときどきチェックする栗原はるみさんの
HP。21回も作ったパン(←興味のある方はクリックしてね、とっても美味しそうだよん)が登場。

あこがれの人は日々淡々と見えないところで努力されて
いるのですよね。
私もレシピ広げていきたい、いや、いや、広げていきます。

PageTop

イベント出ます!そして絵が教えてくれること

05112015.jpg
娘がフィンガーペイントでささっと描いた絵です。
絵は昼間、学校から帰ってきて描いたのですが、
この絵は夜空に月や星、家、木、そして雪だるまが
あります。

アートセラピー的には描いたものをいろいろな視点から
(色の使い方、塗り方、描かれているもの、その場所、
使った画材などから)心のケアを行っていきます。

木は「自分」を表すと言われていますし、また月や三角形の
形の家の屋根は父親の影響、強いのかな。
でも元気があって、うちの子らしい絵だな~。

来月、6月7日(日)に富士市の
ちいさな森 癒やしのイベントに出展予定です。
イベントメニューは下記の通りです。

レイキヒーリング+(センセーションカラーセラピー、
対面リーディング、アートセラピー 
この3つの中からメニューをひとつ選んでください)
30分 3,000円です。

久しぶりのイベント出展です。楽しみだな


PageTop

ひとめぐり

ゴールデンウィークもあっという間に終了。
ピリカでは再伝授のお客様やモニターのお友達、またまた
小さいお客様も見えてほぼ一週間、おもてなしウィークでした。

昨日は実家でアジサイのお花がいけてあり、もうそんな
季節なんだと教えてもらいました。
アジサイちゃんたちはとっても元気で、波動が
輝いていました!

そんな中、私は何十年も前に自分の中に封印していた
「あること」に挑戦することを決意しました。
これはヒーリングとはまったく違うことなんですがね。

今になって思えば、その昔のまだまだピュアな頃の
自分が思っていたことを
「どうせ、無理だから」とやりたい気持ちを封印して
しまっていた自分がいて、アラフィフになりやっと
封印がとけて気持ちが解放された感じ。

はてしない長い旅をして、ひとめぐりして、やっと最初の
スタートラインに立ったところという感じです。

いやいや、自分でもこういう流れになるとは・・・。
実は国立の発アカさんでもこの自分が目標としていることを
ある方から言われたことがあり、そのときの私は
「なんのこっちゃ?」と訳がわからない状態でした。

アラフィフからの挑戦ですが、やってみます!

これもレイキのおかげなんだと思います。
なんせ、かっちん、かっちんだった私の気持ちを
ゆっくりと溶かしてくれたのだから。

ありがたいことです。

もちろん、ヒーリングの活動は続けていきますよ!!

みなさん、自分の可能性、どんどん広げていきましょうね。


PageTop