ROSY CAFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神様のいる場所へ その2

天河神社から宿泊していた場所の近くに戻った途中に水墨画の
Tシャツなどを飾ってあるお店を見つけました。(村立資料館の向かい
にあるお店でした)
そこで水墨画を描いている井上さんという方といろいろ
お話をしました。普段は吉野の方に住んでいらっしゃるとのこと、
夏の間だけ天川村にいらしていること、お父様に弟子入りして
水墨画を描いていたことや今までの作品なども見せていただきながら
1時間位いたでしょうか、人間味溢れる井上さんのお話を聞いて
すがすがしい気分になれました。

ちょうどお昼過ぎくらいになり、そこから三重県伊勢市へ向かうことに。
伊勢に着いたのが夕方になりました。隣の県への移動といってもかなり
の移動距離でした。すべてトトロトラベルのドライバーさんのおかげです。

宿泊した場所から歩いて10分ほどのところに有名な夫婦岩(めおといわ)がありました。
夕日に照らされて、とてもあたたか味を感じました。
08034.jpg

また夫婦岩へいく途中に通りかかった場所が賓日館(ひんじつかん)という場所。
海の目の前にありながらも、あまりにも重厚でその並々ならぬ
雰囲気から、ここは一体どういう建物なんだろうと思い宿泊先の方に
早速帰ってから聞きました。
明治21年に建てられた建物で昭和天皇も来られたとのこと。
民間に払い下げられた後、町に寄贈されたそうです。
とてもきれいに管理されていて、入りたかったのですが時間がなくて、残念。
明治20年の12月から翌年の2月半ばで完成させるなんて、当時のことを
考えれば重機もなく、道路も舗装されていない中、この建物を建設させた
方々の並々ならぬ思いというか気迫が建物を通して伝わってきました。
すごいなと思ったのと同時に今の時代に同じことができるかと言ったら
難しいのではないかと思います。海のほぼ真正面に建っていて、こういう
建物はいつまでも残していくべきだなとしみじみ思ったのでした。
見づらい写真でごめんなさい。ホームページの写真の方がよくわかります
08033.jpg
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。